FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
イスタンブル便り vol.10
2009 / 09 / 23 ( Wed )
イスタンブルも秋らしくなってきました。
日差しも柔らかくなり、お散歩していても気持ちがいいです。

日本の皆さん、楽しい連休を過ごされましtか?
今週末はイスタンブルでも、イスラム教の断食明けの4連休でした。
旅行に出かける方も多いのですが、我が家は最近お年頃の次男坊が一緒に旅行へ
行きたがらなくなり、今回は自宅でののんびり、1日だけ日帰りでイスタンブルから車と
フェリーで3時間くらいの山間にある、古い小さな村を訪ねてみました。

 069s.jpg

お気に入りのカフェにあった雑誌に載っていて前から行ってみたかった村です。
トルコ語の雑誌だったので、写真だけで、何が書いてあるかは分からず(読めず(^^;
どんなところかは行ってのお楽しみ・・・というか観光気分で訪ねていい村かどうかも?
だったのですが、とりあえずGO=3

ちょっと迷って回り道、到着したのは午後1時を過ぎていました。
10分も歩けば突き抜けてしまいそうな小さな村、とりあえずセンターと思しき場所に
車を止め、車から降りるや否や…子供たちにどっと取り囲まれました。
驚きつつも、歩き始めるとぞろぞろぞろぞろ子供たちが付いてきます。
なんだか落ち着かない…周りにいる大人たちからも痛くはないけど、ものすごい視線を
感じおちつかない(^^;日本人なんてきっと来たことなくてめずらしいからなんだろうけど
それにしても、なんともはや・・・いたたまれず帰りたがる夫を引きとめつつ、めげずに
しばらく歩いてみました。子供たちを引き連れて(?)

075s.jpg 104s.jpg

こんなお家がたくさん、1800年代に建てられたそうです。もちろん、まだ現役ですよ。
子供たちも相変わらずぞろぞろとついてきています。
この連休はちょうど日本のお正月のようなもので、おしゃれをした子供たちもいます。
おそろいさんもたくさんいてかわいい!

s.jpg 112s.jpg
108s.jpg 114s.jpg 110s.jpg

子供たちとも打ち解け、ぐるりと村を一周して戻るとドライバーのケナンさんが村の
おじさんと話をしていて、食事にご招待してくれていると・・・おなかぺこぺこの
私達はありがたくおじゃますることになりました。
おじさんについていくと、わぁ~い!お招きいただいたお家はさっきから見ていた1800
年代に建てられたという古いお家の1軒でした。

086s.jpg 088s.jpg 091s.jpg
089s.jpg 092s.jpg
103s.jpg 122s.jpg

階段を上がった2階が居住部分です。入口は3畳くらいのキッチンスペースがあり、
その奥に8畳くらいのお部屋があるだけのシンプルな作り。
お食事はまあるいちゃぶ台をみんなで囲みます。
真ん中の写真のおばあちゃんの手料理は素朴でとても優しいお味。チキンは絶品。
普段は食べない、歯が溶けそうに甘いお菓子もおいしくて2つもいただいちゃいまし
た。お土産に、大きなパンもいただきました。
このおばあちゃん、7人もの息子さんを育て上げたそうで、今日はみんな大集合の
うれしい1日だそうです。
お食事が終わり外へ出ると、あらら子供たちまだ待っててくれました。みんなで記念
撮影、今度はお土産を持ってまた来るね!とお約束をして村を後にしました。

行った先で、このような思わぬ歓迎を受けること、今回が初めてではありません。
そんなトルコの田舎が大好きです。


そうそう、帰りにこの家のご長男がとっておきの場所へ案内してくれました。
体にとってもいい湧き水だそうです。遠くからわざわざ汲みに来る人もいるとか…。
今度来るときは、大きなボトルを持ってこなくちゃね、というと、是非夏に来いと。
おいしい羊を解体して、焼いてごちそうしてくれるそうです。

101s.jpg 099s.jpg

この水、ものすご~く甘くておいしかった!

旅行には行けなかったけど、いい思い出がまた一つできた素敵な連休でした。

スポンサーサイト
10 : 32 : 45 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
<<イスタンブル便り vol.11 | ホーム | スクラップブッキング定期教室のご案内>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。